お月見

旧暦8月15日の満月を中秋の名月、もしくは十五夜。
旧暦9月13日の満月を十三夜とよび、この晩はススキや団子をお供えしお月見をします。
月を見る慣習は縄文時代にまで遡り、平安時代には貴族の間で観月の宴が催され、江戸時代には大衆に広がりました。

表示切替:
16件中1件~16件を表示
16件中1件~16件を表示

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Yahoo!ウォレット  アクセプタンスマーク
楽天ペイ

ページトップへ